ロシアの市場Рынок(ルイノック)

  • 2020年5月9日
  • 2020年5月19日
  • ロシア
  • 33view

1.ロシアの市場Рынок(ルイノック)

買い物はスーパーマーケットが便利ですが、ロシアの生活に慣れてきたらぜひ市場を利用してみてください。日本の市場のように新鮮です!!店員さんとのやり取りはロシア語ですが、会話ができなくても指差しで購入可能です。

※値札も付いているので、昔のように外国人だからといってぼったくられることはありません。

※ロシア人はおつりをごまかしたりもしません。

今回はロシアの市場についてお伝えします。

2.テント型の市場と、建物内の市場

 

左:週末だけ登場するテント型市場

右:1年を通して営業。建物内の市場。各ブースにお店がある。

ロシアの市場には、週末や決まった週に!毎日登場する「テント型の市場」と年間を通して営業をしている「建物内の市場」があります。どちらも、売っているもので店が分かれています。野菜やハーブの店、果物の店、乳製品の店、肉の店、漬物の店などです。旬のものが並びますので、時期や季節によって商品が変わります。

それぞれ、どんな特徴があるのかまとめてみました。

テント型市場・・・週末のみ登場することが多い。しかし、毎週末というわけでもない。たまたま買ったものがおいしくて再度買いに行っても店が出ていないことがある。冬は寒いので登場しなくなることが多い。

建物内の市場・・・年間を通して営業をしている。天候に左右されないので、冬でも開いている。大きな市場だと、日本のショッピングモール程の広さの所がある。中心部から少し離れた場所に大きな市場がある。

3.買い方と注意点

テント型の市場も、建物内の市場も基本は量り売りです。欲しいものをどれだけほしいのかを伝えます。重さの単位は日本と同じ、g、kgを使用していますので、ロシア語で数を言えたら大丈夫です。値段は、値札があるのでそれを見ます。スーパーマーケットの方が安いことが多いですが、新鮮さと並ばずにすぐ買えるという点では、市場の方がいいです。

1人暮らしでじゃがいもを3個だけほしいときなどは注意が必要です。なぜなら、ロシアでは1個2個3個など、少しだけ買う人が少なく、ほとんどの人はキロ単位で購入するからです。そのため、じゃがいもを指さして3くださいと言うと、店員さんは3㎏だと勘違いします。

それを防ぐために、注文したときに、少量購入のときはグラムで伝えましょう。「200gください。」「500gください。」と言えば、大量のじゃがいもはきません。あとは、「3キログラム?」と店員さんに聞かれたら、「違う!Нет(ニエット!)」と言いましょう。会話のキログラムを聞き取れれば、平気です!

〜ロシア語で数を言ってみよう!〜

1・・・один(アジン or   アディン)

2・・・два(ドゥバー)

3・・・три(トゥリー)

4・・・четыре(チティーリ)

5・・・пять(ピャーチ)

6・・・шесть(シェースチ)

7・・・семь(シィーミ)

8・・・восемь(ボーシィミ)

9・・・девять(ジェービッチ)

10・・десять(ジェーシッチ)

4.先にお金を出してその分だけ購入することも可能

これはとても便利な買い方です。

買いたい物を決めて先にお金を出すと、そのお金の分だけ商品を袋に入れてくれます。

ロシアの市場の方も商売ですので、たくさん買わせようとする店員さんも中にはいます。私も、さくらんぼを1㎏購入したときに、「もう少し買わないか?」と言われて、少しならいいかなぁと思って「いいよ。」と返事をしました。そうしたら、もう1㎏袋に入れられてしまいました。そのときは、ロシア生活をスタートして間もなかったので、「そんなにいらない。」「減らしてください。」などと言えずに結局購入しましたが、2㎏のさくらんぼを消費することは大変でした。(2㎏購入しても安かったですが...。)

5.袋をもらって自分で入れることも可能

市場での買い物は、基本店員さんが商品を袋に入れます。しかし、スーパーマーケットの時と同様に、市場でも調子の悪そうなやさいや果物があったりまします。知ってか知らずか、そういう調子の悪そうなものも、一緒に袋の中に入れられてしまうことがあります。買い物に慣れている現地の主婦は、袋に入れる所をよーく見て「今の変えて!」「今のは腐っているからいらない。」などと、言っていました。レベルが高いです。

それを防ぐには、スーパーマーケットで買い物をするように自分で袋に入れます。「袋をください。」(Пакет пожалуйста パケット パジャールスタ)と伝えて袋をもらい、自分で選んだものを入れます。そうすれば、調子の悪いものを買わなくてす済みます。

※市場は新鮮なものを扱っているので、調子の悪いものは少ないです。

※調子の悪いものとは、傷のあるもの、熟し過ぎているものや腐りかけているもののことです。

6.まとめ

ロシアの市場について紹介しました。

買い方や注意点などを書きましたが、何か不明な点があればメッセージをください。

ロシアに行ったときは、ぜひ市場で購入してみてください。

誰でも簡単に新鮮な旬の物を購入できますよ!

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

きくけんblog

 

 

 

最新情報をチェックしよう!