アラフォーおじさんの一人海外旅行で使える英会話

  • 2020年5月13日
  • 2020年5月14日
  • 旅日記
  • 28view

1.アラフォーおじさんの旅先で使える英会話

前回、アラフォーおじさん一人海外旅行のすすめについて書きましたが、不安①英語も現地の言葉を話せませんけど。(コミュニケーションがとれないかも?)という不安の解決方法を書けませんでした。私は英語も現地の言葉も全然話せませんでした。しかし、一人海外旅行では、英語や現地の言葉でコミュニケーションを取らなければならない場面が出てきます。そのとき使った表現を紹介します。超初心者向けですので、何度も海外旅行へ行かれている方は、スキップして目次の3へいってください。

初めての海外旅行で使える英会話(超初心者向け)のスタートです!

2.これだけで大丈夫!旅先で使えるアラフォー英会話!!

旅先で使える英語、たくさんありますね!今日はその中でも厳選して、より簡単な表現をお伝えします。中学校で学習したような簡単な表現です!

①Where is the entrance?(入口はどこですか?)

場所を尋ねるときに使います。赤い字の「the entrance」を、「the ticket office」「bathroom」などに変えれば、様々な場所を尋ねることができます。話しかけるときは、いきなりWhere is〜?というのではなく、必ずExcuse me.と最初に言いましょう。尋ねられた人が驚かないようにです。

②What time does the bus leave?(バスは何時に出発しますか?)

何時にと尋ねたいときに使います。赤い字の部分を「the train come?」とすれば、何時に電車は来ますか?となります。

③What do you recommend?(おすすめは何ですか?)

レストランの注文時に使えます。せっかく現地のレストランに入ったのだから、おいしいものを食べたいですよね!私の失敗談ですが、写真付きのメニューでおいしそうなものを選んで食べたが、他の国の料理だったということがあります。気を付けてください(笑)

④Order,please. This one,please. Check ,please.(注文お願いします。これにします。会計お願いします。)

レストランで使います。日本と同じように、店内に入ると席に案内してくれるので心配はありません。メニューを見て注文が決まったら、店員さんを呼びましょう!

How long will you stay in the country?(この国にどれぐらい滞在しますか?)

入国のときに聞かれることが多いです。最初の「How long」を聞き取れれば、あとは数字を言うだけで大丈夫です。「Three days」などと答えましょう。

⑥How much?(いくら?)

これは買い物のときに使います。日本のように値札が付いていることもありますが、付いていないこともありますので、そのときは遠慮せずに聞きましょう。値段を聞いたら失礼かな??と思う必要はありません。

⑦I’m just looking, thank you.(ただ見ているだけです。ありがとう。)

お店に入ったときによく使います!いろいろ話しかけて欲しくないときに便利です。そして、店内に入るときは、「Hello!」でいいので必ずあいさつをしましょう。無言で入ることはマナー違反です。

⑧Can I try this one? Can I try it?(試着していいですか?試食していいですか?)

お店で試着や試食をしたいときに使います。試着するときは店員さんに一声かけることがマナーです。これは、日本と同じですね!

⑨Would you keep my baggage?(荷物を預かってもらえますか?)

チェックインの時刻前に、スーツケースを預けて観光へ行きたいときありますよね!そのときに使いましょう。日本と同じように預かってくれるホテルがほとんどです。チャックアウトのときに預かってくれるかどうかは、ホテル次第です。挑戦してもいいと思います。

⑩Check in, please. Check out, please.(チェックインお願いします。チェックアウトお願いします。)

ホテルで使います。チェックインするときは、パスポートとホテルの予約を証明できる予約の控えも一緒に出しましょう。それだけで済みます!

3.英語が通じないときは、表情で伝えましょう!

これ、冗談でなく本当に効果あります。

私もよく使います。

英語で話しても通じないときは、困った表情のどが渇いた表情などをして、一緒にジェスチャーを付け加えればだいたい理解してくれます。相手に笑われるかな?恥ずかしいな。などと思わずに、役者になったつもりで挑戦してみてください。ほぼ通じます。

4.ジェスチャー体験談。リトアニアの空港で。

リトアニアへ旅行したときの話です。空港で携帯用のSIMを購入しました。今まで(他の国)では店員さんがセットアップをしてくれたのですが、リトアニアではしてもらえませんでした。パッケージはリトアニアの言葉だし、英語は通じないし、本当に困ってしまいました。しかし、携帯が使えないと不便だし、せっかく購入したSIMカードも無駄にしたくなかったので、空港内を歩いている人に声をかけ、携帯が通じなくて困っている表情とジェスチャーをしました。

そうしたら、声をかけた方はとても親切にしてくださり、私の携帯を触って通じるように設定してくれ、料金が入ってないとこれから困るよ!と言って、自腹で携帯代金をチャージしてくれました。

とても優しい方でした。その後、車に乗せてもらいマクドナルドでコーヒーをおごってもらいました。「なぜ、リトアニアへ来たのか?」「どんな仕事をしているのか?」など、たくさん質問されました。日本人が珍しかったのでしょう。その親切な方は、現在ドイツに住んでいて里帰りのために、たまたま空港を利用したそうです。リトアニア語、ドイツ語、英語を話すことができる方でした。

一人海外旅行ならではの体験でした。

※リトアニア旅行記で詳しく書きますが、リトアニアの方が日本人に好意的な理由は「杉原千畝」さんの影響です。

5.まとめ

旅先で使える英会話を厳選してお伝えしました。

超初心者向けですが、便利で簡単な言い方を厳選しましたので、ぜひ使ってみてください。

それでもだめなら、表情&ジェスチャーです!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

きくけんblog

 

 

 

最新情報をチェックしよう!