フランス(モンサンミシェル)

  • 2020年5月11日
  • 2020年5月19日
  • 旅日記
  • 25view

1.いざ、Mont Saint Michelへ

こんにちは。

今まではロシアのことばかりになっていたので、旅日記第一号を書くことにしました。

第一号は、生きているうちに絶対に行きたかったところ、フランスの「モンサンミシェル」です。

世界中から人が集まる魅力は何なのか?行ってみて分かったことは、建物が建っている場所の景観と、自然のすばらしさです。これ程独自性をもった所は他にないから、人々は引きつけられるのでしょう。

2.アラフォーおじさんでも自力で行けました!

アラフォーおじさん迷いました。

モンサンミシェルは、パリからの直通の列車がなく、最寄り駅からバスに乗り換えて1時間かかるからです。自力で行けるのか?予約はどうすればいいのか?それなら、いっそのこと現地ツアーに入ろうか?いろいろ悩みましたが、自力で行くことに決めました! ←大正解!!!

皆さんご安心を!

アラフォーおじさんでも、いろいろなサイトを見て、高速列車とバスの予約をし、列車とバスを乗り継いで無事に行けましたから。本当に便利な時代です。特に、写真付きの列車予約のサイトは画面そのままですから、サイト画面を開きながら、別のページを開いて入力をしていきました。

おすすめのサイトは、「ユアトリップ」https://urtrip.jp/mont-saint-michel-access/

 

パリのモンパルナス駅からレンヌ駅まで、高速鉄道(新幹線のような乗り物)に乗りました。モンパレナス駅には、パン屋が多くあったので私は「PAUL」という店で朝食を買いました。乗車時間は1時間半~2時間で、列車内はとても快適です。外の景色を見ながらのんびりと過ごしましょう。

レンヌまで移動したら、次はバスに乗ります。レンヌ駅は大きくないので、出口をまちがわなければ大丈夫です。バスは列車の到着に合わせて待機しています。バスの正面に行先が書いてあるので、安心です。

こちらに詳しく書いてあるので、参考にしてください。

https://urtrip.jp/mont-saint-michel-train-bus/

3.せっかくですし1泊しましょ!

モンサンミシェルで1泊するかしないか迷ってる方も多いと思いますが、時間に余裕があるのなら1泊することをお勧めします。お勧めの理由は、

①のんびりと観光できる。

②朝方、昼間、夕方、夜で様々な姿のモンサンミシェルを見ることができる。

帰りのバスのことを考えなくていいので、焦って観光しなくていいのは気持ちの面で全然違います。私は夕方から夜のモンサンミシェルが特に好きです。パリから日帰りツアーで来た観光客が帰り、静かな時間が流れるからです。

(モンサンミシェルの上から撮った写真)

ホテルは、モンサンミシェルがある島にも、島の手前のバスが到着する所にもあります。お勧めは、バスが到着するエリアです。お勧めの理由は、

①スーパーマーケットやお土産店があり、楽しい。

②モンサンミシェルまでは、無料のシャトルバスが巡回しているので、バスでいつでも行ける。バスが動いてない時間帯でも、がんばれば歩いていける。(けっこう遠い。)

③モンサンミシェルの全体を見ることができる。

以上の理由から、ホテルを予約するならモンサンミシェル島ではなく、バスが到着するエリアがお勧めです!

ホテル予約サイトで簡単にできますよ!

4.たくさんの牛??

モンサンミシェルで牛??

 

 

 

こんな感じで、お店の前にたくさんの牛がいます。フランスらしくて、思わず写真に撮りました。

ちなみに、モンサンミシェルでは羊が有名ですよ!!

5.島内の様子

 

有名なオムレツ屋「ラ・メール・プラール」は、入口から5分程歩いたら左側にあります。店内はいつも混んでいて、行列が店の外まで続いていました。値段もそこそこします。食事をしたいなら、事前に予約をしておくことをお勧めします。英語での手続きになりますが、公式サイトです。https://lamerepoulard.com/en/reservation-en/

英語での予約が難しい方は、ベルトラがお勧めです。日本語ですから!https://www.veltra.com/jp/europe/france/paris/a/126141?sid=1508&cid=urtrip.jp&utm_source=urtrip.jp&utm_medium=asp

 

坂道を登りながら、頂上の教会を目指します。途中、お土産屋さんやレストラン等がありますので、ショッピングを楽しむのもいいですよ。(左の写真は日中。右の写真は夜間。)

 

 

教会は1つではないので、注意が必要です。1つ目の教会で引き返さずに、一番上まで行きましょう。たくさん歩くので疲れますが、せっかく来たのだから行くことをお勧めします。

6.まとめ

一度は行きたい世界遺産「モンサンミシェル」について紹介しました。

アラフォーおじさんが一人で予約から観光までできたので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。

外国で高速鉄道に乗る経験やバスに乗る経験は、日本にいたら絶対できませんから!

不安や緊張はありましたが、やり遂げたときは「自分でもできるんだ!」と自分に自信をもつことができました。

モンサンミシェルへの旅は想像以上に感動できること、まちがいなし!!

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保証するものではありません。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

きくけんblog

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!