モスクワのバスについて

  • 2020年5月31日
  • 2020年6月18日
  • ロシア
  • 19view

1.モスクワのバスについて

(モスクワの街を走行するバス)

ロシアの週末の過ごし方や地下鉄のことなどを紹介してきましたが、今回はモスクワのバスについてです。

地下鉄同様、運賃は非常に安く、どこまで乗車しても同じ料金という分かりやすい料金設定になっています。

今回は、そんなバスの魅力や乗り方などを紹介します!

モスクワへ行ったときは、バスに乗車してのんびり観光するのもお勧めですよ。

※地下鉄と同じように、都市によっては安全面の理由から利用しないように言われることもありますが、モスクワは基本的に大丈夫です。(バッグを管理し、スリに気を付ける必要はあります!)ただし、路線図や携帯のナビがあった方が便利です。

2.バスの料金

モスクワのバスは地下鉄と同様、どこまで乗車しても同じ料金です。始発のバス停から乗車して終点のバス停まで乗車しても、1つ隣のバス停で降りても運賃は同じです。日本なら、距離に応じて料金が上がっていきますが、モスクワのバスはそんなことはありません。

日本と比べると、ビックリするほど料金が安いです!

1回乗車するのに、60円〜100円ぐらいです!地下鉄と同様、回数券とトロイカがあります。

※バスしか乗れないバス専用回数券は、地下鉄+バスに乗れる回数券よりも安いです!うまく使い分ければお得ですが、観光でモスクワへ行かれるなら少々高くても、地下鉄+バスに乗ることができる回数券をお勧めします。1番のお勧めは、トロイカですが...。

バス専用回数券

1回券・・・・・47ルーブル(94円ぐらい)      有効期限5日

30回券・・・・1180ルーブル(2360円ぐらい)  有効期限30日

バス専用回数券は、1回券と30回券しかありません。(地下鉄は、1回券、2回券、70回券があります。)

※1回券より30回券の方が、1回あたりの料金は安くなります。

※回数券は名刺サイズで厚紙程度の厚さです。(地下鉄の回数券は赤色。バス専用の回数券は青色です。)

バス専用の回数券は、バスとトランバイに乗車することができます。地下鉄には乗車できませんので、注意してください。

※複数人で使い回すことができます。

地下鉄についての記事はこちら↓

きくけんblog

目次 1 1.たくさんの人に利用されているモスクワの地下鉄2 2.地下鉄の4つの良さ2.1 ①運賃の安さ2.2 ②分かり…

3.ロシアのSuica、名前は「トロイカ」

日本でいう、「スイカ」のようなチャージして使用するタイプのカードもあります。ロシアでは、「トロイカ」と呼ばれています。こちらは、最初にカードを作る代金(50ルーブル)が必要ですが、チャージをして繰り返し使えますし、バス以外にも、トランバイ、地下鉄にも乗車することができます。モスクワ旅行の記念になりますし、いちいち残り回数を気にしなくてもいいので、トロイカをお勧めします。

トロイカで乗車すると、1回40ルーブル(80円ぐらい)です。1回券を買うよりもお得です。

4.運行間隔

バスは、路線によって運行の本数が大きく異なります。だいたいは、主要な駅や地下鉄の駅に行くようになっています。市街地に向かうバスは本数が多く、郊外に向かうバスは本数が少ないです。時刻表は、一応ありますが、正確ではありません。

モスクワ市民は、バスアプリを利用して携帯電話でバスが何分後に来るのかを確認します。非常に便利で、何番のバスがどこを走行しているのか一目瞭然です。

5.おすすめのバスアプリ

モスクワでバスに乗ろうと思っている方は必ず必要です。あれば、「何番のバスがどこを走っているのか」「あと何分待てばいいか」「バスはどこへ向かうのか」など、重要な情報を知ることができます。
Google play で、「モスクワ バス」などと検索すると出てきます。

①Moscow transport

②Яндекс.Транспорт

①、②とも大差はありません。どちらか片方でいいと思います。

6.乗り方、降り方

1、バスに乗るときは、前からです。中央のとびらは降りる人用ですので、気を付けましょう。モスクワのバスは、前と中央の2カ所に扉があります。ちなみに、ベビーカーを乗せるときは中央から入ります。(中央の扉はとても大きくて乗り降りしやすいからです。)

2、バスに乗ったら、バーの前に設置してある機械に回数券orトロイカをタッチします。(Suikaで乗車するように!)

3、バーを自分で押して、車内に入ります。(アミューズメントパークの入口にある回転するバーのようになっています。正式名、ターンスタイルゲート)

4、降りるときは、中央扉の近くに立ちます。(意思表示が大切!)

モスクワのバスは、お客さんがいなくても各バス停に停まります。バスから降りたいときは、中央扉のすぐ近くに立ちましょう。運転手さんが「降りるのだな。」と気付いて、扉を開けてくれます。それでも、扉が開かなければ、中央扉付近にあるボタンを強く押しましょう。「扉開きませんボタン」です。

※日本のバスのような降車ボタンはありません。あるのは、扉が開かないときに押す「扉開きませんボタン」だけです。

5、バスから降ります。降りるときにタッチは不要です。

7.バス停

バス停は歩道側にあります。分かりにくいですが、行き先の番号と何分間隔で運行しているのかを示してあります。ロシア人は、バス停の番号を見て行き先を確認しますが、観光で行くのならバスアプリで確認した方が確実です。

8.まとめ

ロシアの公共交通機関のバスについてでした。

モスクワにお越しの際は、ぜひバスも利用してみてください。

アプリがあれば簡単ですし、何より街並みを眺めながらのんびり移動できます

地下鉄とは違った別の楽しみがありますよ!!

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
きくけんblog

最新情報をチェックしよう!